パソコン教室のおすすめの3社はココだ!

当サイトおすすめパソコン教室です
  1. ヒューマンアカデミー
  2. KENスクール(本当の意味での個別指導)
  3. パソコン教室 アビバ

  どこのパソコン教室に通ったらいいのか、
悩んでいませんか?

私がどの教室に通ったらいいか分からない時にした事

時給100円

パソコンを使った在宅ワークをやりたいと考えたら、クラウドソーシングと銘を打ったサイトに登録すると、すぐに・簡単に仕事を始めることができます。

 

インターネットが利用できる環境とパソコンがあれば、その日から作業を開始することも可能です。

 

登録後に手軽のできる仕事は、記事や原稿を書く(ライティングする)ものです。

 

求められている記事のレベルや内容にもよりますが、インターネットで検索して調査すれば書けるようなものも多く発注されています。

 

在宅ワークのサイトでは、発注者と一切やりとりすることなく作業した仕事を納品できる仕組みを提供しているところもあり、作業する側にとってストレスなく仕事をすることができます。

 

ただし、非常に料金が安い傾向にあります。

 

例えば500文字から1000文字の原稿をライティングして、料金が100円から150円というケースも多いようです。

 

慣れないうちは一時間以上かかることもあるので、時給が100円以下になってしまうこともあります。

 

なぜこれほど料金が安いのでしょうか?

 

理由は二つあります。

 

  • 価格に見合う記事が納品されるか分からない
  • 記事の質を求めていない

 

価格に見合う記事が納品されるか分からない

原稿ライティングの仕事を発注する側からすると、どんな人が記事を書いているか分かりません。
注文した内容に合わなかったり、嘘が書いてある可能性もあります。

 

また、インターネット上に公開されている記事をそのままコピーしたり、同じ原稿を複数の発注者に納品しているかもしれません。

 

発注者の多くは納品時に原稿の内容をチェックしていますが完全に確認するのは難しく、料金の支払いが完了した後に気が付くこともあります。

 

その為、使用できない記事原稿があることを見越して料金を低く設定しているのです。

 

これは、逆に言えば信用できる人・良い記事を書いてくれる人には料金を高くしてもいいという事です。

 

記事原稿を書くことで利益を多く得るには、信用を高めることです。

 

自信が付いたら、料金を高めに設定している発注者と積極的にコミュニケーションをとりましょう。
専属で記事を書いてくれる人を求めている発注者も多くいます。

 

最初はレベルが低くても、いい原稿が書けるように指導してくれる人もいます。

 

このような人は初めは料金が安くても、腕が上がるにつれて原稿料を増やしてくれます。

 

せっかく育てたのに、他に行かれたら大損ですからね。

記事の質を求めていない

原稿ライティングの料金が安いもう一つの理由に、記事の質を求めていないということがあります。

 

質より量を求めているケースです。

 

この場合は時間を掛けて原稿を作成する必要が無いのですが、だからと言って意味不明なものを納品するにはいけません。

 

また、他のサイトからコピーした記事を盗用するのもNGです。ツールを使ってチェックしていると、すぐにわかってしまいます。

 

発注者は納品された記事を見て、内容が悪ければ支払いを拒否できます。

 

すると、拒否されたことが記録に残ってしまいます。

 

あまりに多いと信用されなくなるので注意しましょう。

 

 

稼げるようになるまで時間が掛かるけど、自宅で仕事はこれが一番おすすめ。

在宅ワークではない、自宅のパソコンでできる仕事