転職MOS

パソコン教室のおすすめの3社はココだ!

当サイトおすすめパソコン教室です
  1. ヒューマンアカデミー
  2. KENスクール(本当の意味での個別指導)
  3. パソコン教室 アビバ

  どこのパソコン教室に通ったらいいのか、
悩んでいませんか?

私がどの教室に通ったらいいか分からない時にした事

パソコンでできる仕事(在宅ワーク)収入ランキング

目に見える資格が採用の判断基準になります

転職で有利なスキル

転職者を採用する際に企業が求めることは何でしょうか?

 

それは即戦力であることです。社内教育や指導なしにすぐに仕事ができる人を求めています。

 

多くの企業では最低限の能力として、パソコンをスムーズに使えることを挙げています。

 

現場志望でパソコンを必要としない部署に勤務を希望したとしても、使えるかどうかが採用の決め手になることは往々にしてあるのです。

 

また事務系や営業職などでは、WordやExcelが出来ることは当たり前の時代となっています。

 

したがって企業は、もう少し高度な技術を習得した人達に期待をします。

 

たとえばMOS資格取得者です。MOSの資格を取得するためには、ある程度の勉強が必要になります。

 

資格取得のために、目標を持って勉強をし、MOS資格を取得した人達は、何も資格がない人達よりも努力を評価されることになります。

 

資格取得のために勉強をした内容は、実務で活かせることも多くなっています。

 

したがって、MOS資格を持っていると、転職の際などには、努力を評価され、有利に進みます。

 

転職者は、他の応募者と比較をして、何か抜きん出た点がなくては評価されません。

 

今までの実務経験でも評価されます。

 

しかし、実務経験はわかりにくい点もあるため、MOS資格のような、わかりやすいパソコンの資格を保有していることを物差しとして判断するのです。

 

こういった資格は、どのような職種でも歓迎されます。特に事務系の仕事を希望する人達は、有利に進みます。

 

また、ブランクのある人達の場合にも、MOS資格は役に立ちます。

 

実務経験が大分前の時期である場合、評価をすることは難しくなります。

 

ブランクの間、何をしていたのかを問われることも多くなっています。

 

そういった時期には、資格取得のための勉強をしていたといったことをアピールすると、印象が良くなります。

 

実務経験に活かすために、身につけておいた方がよい資格を取得する努力をしていたことは、転職を希望する際には有意義なことです。

 

資格取得などの勉強をする習慣のある人達は、職場で新しい経験をする際にも、自分達で勉強や研究をしながらこなしていく能力が身についています。

 

企業としては、即戦力として期待することが出来ます。

 

MOS資格を取得している人達は、有利に転職が進みます。

 

面接でアピールできたらいいこと

企業はパソコンをスムーズに使える人を求めていると前述しましたが、さらに進んで仕事の効率化を図れる人を望んでいます。

 

例えば手書き注文書の集計を紙に書いて集計していたものを、パソコンで半自動的に集計できるようにするなどです。

 

これにはエクセルの関数を使えるようになるなど一歩進んだ技能が必要ですが、アピールできると良い印象を与えます。

 

 

転職を考えているなら! 転職・就職支援サイト特集ロゴ
転職支援サイト比較

 

※英語を話せるようになると仕事の幅が広がります。でも途中で挫折する人も多いはず。そんな人におススメなオンライン英会話