転職 スキル 有利

パソコン教室のおすすめの3社はココだ!

当サイトおすすめパソコン教室です
  1. ヒューマンアカデミー
  2. KENスクール(本当の意味での個別指導)
  3. パソコン教室 アビバ

  どこのパソコン教室に通ったらいいのか、
悩んでいませんか?

私がどの教室に通ったらいいか分からない時にした事

パソコンでできる仕事(在宅ワーク)収入ランキング

転職するときにあったらいいスキル

転職で有利なスキル

転職しようと思った場合、求人情報を見て情報を集める人がほとんどです。

 

中にはコネなんてのもありますが、運がいいほんの一握りの人だけです。

 

ほとんどは外部に公開された情報を元に転職活動をするのですが、当然のことながらライバルが存在します。

 

面接の際はライバルよりも自分の方が会社の為になる、ということを示す必要があります。

 

その為には、何かしら有利なものがあった方がいいのは言うまでもありません。

 

では、どのようなものがあれば有利になれるのでしょうか?

 

転職活動を有利に進めていく為の方法には様々なものがあります。

 

例えば様々なスキルを身に着けるというのが最もオーソドックスな転職活動を有利に進めていく為の方法であると言えます。

 

しかしいくら自分自身が素晴らしいスキルであったとしても、会社側が求めていないものであれば身に着けていても直接的な意味はありません。

 

例えば板前さんが電機メーカーに転職したいとして、料理スキルはアピールポイントにはなり難いのです。
(中には面白いからと採用してもらえるかもしれませんが、普通は考慮されないでしょう。)

 

転職活動の際に身に着けていて有利になるスキルとは、あくまでも会社側が求めていて必要としているものに限定されるのです。

 

それでは一体最近の世の中ではどのようなスキルを身に着けていれば有利に転職活動を進めていくことが出来るというのでしょうか。

 

 

優先順位 スキル 必要度
一般常識 必須
パソコンスキル 必須
外国語 あれば有利

 

一般常識がありますか

まず何はともあれ、一般常識が必要です。

 

大きな企業では入社時に研修で、仕事をする上での一般常識を教えてくれるケースがあります。

 

ですが中小企業ですと、最初から仕事のレクチャーに入ることがほとんどでしょう。

 

一般的な常識は、その都度指摘されて覚えていくことになります。

 

ですが指摘されずに、それが一般的な常識だと思い込むケースも多々あります。

 

例えばフレンドリーな会社だと、上司に対してタメグチなことが多々あります。

 

これでは敬語を覚えることができませんね。

 

また社外的な文章を書いた事が無ければ、書き方を覚えることはできません。

 

今努めている会社では問題ないことでも、他の会社に行けば常識を疑われてしまうことある、ということを覚えておきましょう。

 

そして一度は、自分の一般常識が正しいのか確認することをお勧めします。

 

一般常識スキル:名刺交換

パソコンスキルは無駄にならない

次に必要なのはパソコンスキルです。

 

まず何といってもパソコンに関する知識を持っていると、会社側も是非その人を採用したいと思う確率がアップするでしょう。

 

採用条件として『パソコンスキルを持っていること』を提示しているケースも多くなっています。

 

またパソコンを全く使用しない職種の募集で不採用だったのだけど、管理で採用されたというケースもあります。

 

パソコンスキルは持っていて損は無い技能と言えます。

 

 

パソコンに関する知識とは実に多岐に渡ります。

 

例えば

 

  • 基本的なパソコンの起動から終了までの流れを理解している
  •  

  • ブラインドタッチができる
  •  

  • 基本的なソフトを使いこなすことができる
  •  

等々です。

 

最近ではそれだけではなく、パソコンを使ったチャットやメールでのやり取りが出来るかどうかもチェックする会社が多くなっています。

 

これは何故かと言いますと、最近ではインターネットの発達によって、会社の人間同士の連絡や会議等をチャットやメールを使って行っているという会社が増えているからです。

 

最近ではパソコンを使用しない会社というのは、日本中どこを探しても見つからない位になってきています。

 

なのでパソコンに関するこれらの知識は必ず身に着けておいた方が転職の際に有利になることでしょう。

 

海外に目を向ける会社が増えています

グローバル化の進展に伴い、英語等を中心とする外国語を話すことが出来る人材を会社側は欲しがるようになりました。

 

最近では会社は色々な国の人と取引をする可能性が高くなってきており、何か一つでも外国語を話すことが出来る人材はとても貴重な存在です。

 

なので外国語に関するスキルも転職の際に身に着けておいて損はないでしょう。

 

また外国語を話せるだけで、頭がいいという印象を持たれます。

 

面接でアピールすることで、大きなアドバンテージになることは間違いありません。

 

転職を考えているなら! 転職・就職支援サイト特集ロゴ
転職支援サイト比較

 

※英語を話せるようになると仕事の幅が広がります。でも途中で挫折する人も多いはず。そんな人におススメなオンライン英会話