シュフティ

 

シュフティ画像

※事務作業のクラウドソーシング※
※「シュフティ」※

仕事を依頼したい企業と、仕事をしたい人を結ぶ、パソコンを使った在宅ワークのマッチングサイトです。

 

登録している企業は3,000以上。

 

常時1,000件近い仕事が用意されています。

 

会員登録しなくても、募集されている仕事を見る事ができるので、自分に合う仕事があるのか心配な人もじっくりと考えることができます。

 

シュフティ・仕事内容1

※仕事例がトップページに表示されています


 

シュフティ・仕事内容2

※仕事内容を詳しく見る事もできます


 

※簡単な仕事から難しいものまで※

シュフティは在宅ワーク初心者から熟練者まで様々なニーズに合わせた仕事が用意されています。

 

もちろん初心者向けのデータ入力作業もあります。

 

難しいものにはホームページ作成やアプリ開発、翻訳なんてものまで登録されています。

 

難易度の高いものほど単価が高いので、実力アップしようという気になります。

 

※こうして仕事をする※

 

仕事をもらう

 

シュフティは『掲示板』のようなものです。

 

張り出してある仕事の中から自分にできるものを見つけて、依頼主と話をします。

 

仕事には採用人数が決まっているので、自分の事をアピールしないと他の人に取られてしまうかもしれません。

 

アピール方法の一つが見積もりです。

 

依頼者は希望金額を設定していますが、安い単価で仕事をしてもらえるならば、そちらを優先します。

 

他の人より安い金額=見積もりを提出することで仕事をもらいやすくなります。

 

ただし、無理に低く設定したら時給が100円になってしまったなどないようにしましょう。

 

仕事をする

 

シュフティ内のシステムを使って依頼主と打ち合わせをしながら、仕事を進めます。

 

納品もシステムで行います。

 

この時、賃金請求が自動で行われます。

 

請求書を作成する必要はありません。

 

報酬をもらう

 

報酬はポイントで支払われます。

 

この時、システム手数料10%が控除されます。

 

ポイントは換金することで、指定口座に現金が入金されます。

 

換金手数料として540円かかります。

 

※まとめ※

 

シェフティは在宅ワークマッチングサイトなので、依頼主との交渉を自分でする必要があります。

 

トラブルが発生した場合は、自分で解決しないといけません。

 

仕事の選択は無理をしないで、確実に納品できるものに絞ったほうがよいでしょう。

 

ただし報酬の請求が自動で行われるので、請求書の作成といった事務作業は必要ありません。

 

この点は手間が無く、仕事にのみ集中できるので良い点だと言えます。