料金比較で分かるパソコン教室の選び方

在宅ワークで記事を作成する仕事

パソコンを使った事務仕事や、データ入力などはちょっと苦手。

 

だけど、文章を考えるのは得意って人は意外に多いです。

 

そんな人におすすめの在宅ワークが、記事を書く仕事です。

 

どんな仕事か一言で説明すると、

 

決められたお題にそって文章(記事)を考え、パソコンに入力する。

 

これだけです。

 

文章を書く人を一般的に『ライター』といいます。

 

ライターは新聞社や雑誌社などで働いている社員ライターと、組織に属さず自分の技術や才能で仕事を得ているフリーライターにわかれます。

 

実際はもっと複雑なのですが、ここでは単純に分けています。

 

在宅ワーカーはフリーライターに分類されます。

 

ライターの種類

ライターには、「コピーライター」「ルポライター」「ゴーストライター」やジャンル毎に「フードライター」「トラベルライター」など多様な種類があります。

 

ですが、在宅ワークとして大きく種類分けをすると、次の二つになります。

 

  • プロとして専門的な記事を作成する。
  •  

  • 一般人として感想等を書く。

 

プロと一般人。どちらの立場で記事を作成するかで分かれます。

 

 

プロとして専門的な記事を作成する。

 

プロとしての記事は専門知識も必要ですが、文章も一定以上のレベルが求められます。

 

文章のチェックも厳しく、採用されないこともあります。

 

ですが、原稿料が多めなので稼ぐにはもってこいです。

 

 

一般人として感想等を書く。

 

商品の感想や口コミ・体験談などを投稿します。

 

一般の声を収集するのが目的なので、常識的な文章力があればOKです。

 

ただし単価が安いので、副収入として考えた方がよいでしょう。

 

 

※まずは腕試しに、「一般人として感想等を書く」仕事から始めてはどうでしょうか。

 

必要なスキル

「専門的な記事を作成する」仕事をするには、次の技能が必要です。

 

パソコンの操作

文字入力・メールの送受信など。
原稿はパソコンに入力するので、これができないと仕事がもらえません。

 

調査力

自分の専門分野を記事にするのならいいのですが、それ以外の分野も求められることがあります。
その際には、本などで調査をする必要があります。

 

条件どおりに書く

仕事には細かい条件が指定されています。
文字数・語尾(ですます・である)・使用する単語・使用してはいけない単語などです。
一つでも違反していると書き直しです。

 

締め切りを守る

仕事ですので締め切り(納期)があります。
決められた日時までに、きっちりと仕上げるのが、最低限の条件です。

 

パソコンを使えるようになったら投稿してみよう!
記事を書く仕事をする前の腕試しにも!
投稿して閲覧された分だけ収入をもらえる(^_^)

まとめ記事を作成して報酬がもらえるサイト『KONOMI』

※英語を話せるようになると仕事の幅が広がります。でも途中で挫折する人も多いはず。そんな人におススメなオンライン英会話

稼げるようになるまで時間が掛かるけど、自宅で仕事はこれが一番おすすめ。

在宅ワークではない、自宅のパソコンでできる仕事